スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『飛 翔』~Maxi Single『少年の日』より 

110830_k.jpg

四日連続の更新もいよいよ本日最終日。
リアルネンキの汚名を返上すべく
頑張ってきましたが、いよいよ限界。

パトラッシュ、ボクはなんだか
とても眠くなってきたんだ・・・

いかんいかん。
羽の生えたお迎えが見えてきたので
ちゃっちゃと更新。

トリを飾りまするは今作唯一の
書き下ろしであります『飛翔』

むむ・・・

眠くてお迎え見えちゃってんのに、
よりによってアルファ波全開のこの曲かよ。

LIVE後半あたりで演ったら
確実に盛り上がるという
"ノセ曲" というものがあるならば、
これぞ聞いたら確実に眠くなるという
"寝せ曲" の最終兵器なのではないか。
本人ですら作りながら2回は落ちてます。

でもねえ・・
眠くなるような内容じゃないんですけどねえ・・
主人公飛んじゃってるんですけどねえ・・・



さて、すでにご存知の方も
いらっしゃるかと思いますが、
我がむしスタは今作の制作中にハード、
ソフト含めたシステムの
全面リニューアルを敢行いたしました。

で、なんとこの曲が新システム初の
実戦投入なんですね~。

いや~わかっちゃいるけど、
この世界の進化スピードたるや
ものスゲーもんがありますね。

Mac本体はやっとこさ
人並みにIntelMacに。
もはや主要ソフトもドライバーも、
ほとんどPowerPCサポート
終わってるもんね。

で、メインのDAWソフト
Logicは9にバージョンアップ。
いままで6をしつこく使ってきたんだけど、
さすがにバージョン二つ飛ばすと
キツイっすわ。

しかもその間にCPUのPowerPCから
Intelへの移行があった訳で、
そーなるともう完全に別モノ。

GUIのちょっとした変更に
意外と戸惑ったり、かなり苦労しました。
でもこーゆーのって、実作業しながら
触って覚えるしかないんだよね。

とはいえ、やっぱ最新まちーんの
速さはスバラシイ!

いままで砂を噛むような思いでしていた
メモリー節約の非音楽的
ちまちま忍耐系作業からオサラバさ。

それに思い切ってメモリ8GB、
HDは容量よりもアクセススピード重視の
回転数7200rpmという
フルスペックにしちゃったもんね。


大容量サンプル?
激重プラグイン?
総トラック数64オーバー?

けっ

かかってきなさい。


とまあフルスペックならではの
超絶パフォーマンスもさることながら、
ぶったまげたのが、

「うっわ~、音イイ!」

ってこと。
これはMac本体やソフトよりも、
オーディオインタフェースの差が
モロに出るよね。

ってか、今までよくあんな
オモチャみたいなお弁当箱IFで
頑張ってたな、ワシ。

おかげでmiyoの声に対するトリートメント、
不必要な周波帯域をカットしたり
耳障りなピークを抑えたりっていう
Mix前の下ごしらえ的作業は大幅減。

仕上がりはほぼ録ったそのまんまの音に
エコー系エフェクト足しただけ。

こーゆーシンプルな曲は
トリートメントがすごく重要で
ムズカシイのだけど、
これだけキチンとした音で録れてると
手間がかからずホントありがたいっすね~。


でも今回のシステムチェンジで
ひとつ困ったことがあって、
それはメインピアノとして使ってた
LogicのCPのサンプルが、
バージョン9には入ってないのよ~(T_T)

この曲ほぼピアノオンリーだし、
困っちんぐ~。


ところでCPってご存知?
80年代、デジタルピアノがまだなかった頃、
ステージピアノといえば
プロもアマチュアもオケラもナマコもCP!
って時代があったのさ。

ザ!ベストテンで黒柳徹子が八神純子に

「そんじゃ会場の八神さあああ~ん!
 八神さああああ~ん!
 歌の方よろしくお願いしまあああああああ~す!」

と呼びかけると、
背面にデカデカと "YAMAHA" と書かれた
黒いピアノの向こうに首だけ出して
スタンバっている純子、
そんな映を覚えてらっしゃる方も
多いのでは?いや多いだろ!

アレが世界を席巻した
YAMAHAエレクトリックグランド、
CP-80です。

とにかく当時のCPの普及率たるや
スゴイもんがありましたねえ。

そりゃそうだよね。
ステージにおけるアコースティックピアノの
マイキングとサウンドメイクの
尋常じゃない難しさ知ってる
PAエンジニアやプレイヤーからしたら、
ケーブル一本ぶっ差しゃ
カブリもハウリングも無い
本物のピアノの音が出るつーのは、
奴隷解放に等しい革命だもん。

クンタ!クンタキンテ!
そりゃナマコも弾くよ。

でもそんだけネコも杓子も
CP一色になっちゃうと、
必ず人とは違うことをやりだす
フトドキ者が湧き出すのが世の常。

それに
「アコースティックピアノと
 同じ発音方式でピアノそのものの音」
とうたいつつも、各弦にピックアップを
取り付けて拾うという力技、
やっぱり生のピアノとは違う一聴して
CPとわかるクセのある音だったからね。

ある者はエフェクターをかけまくり、
またある者は上によじ登り、
しまいにゃ音感センサーで反応する
電飾装備するアホまで現れた。

そんな中CPギライのワシのココロを
(嫌いだったのかよ!)
一発で鷲掴みにしたのが、かの名曲、
U2の『NEW YEARS DAY』

エッジの野郎、
なんとピアノであるCPを
ギターアンプに突っ込みやがった!
しかもJC!

くう~、イカスぜ!エッジの!

ほとんどのプレイヤーが
CPを普通のピアノと同じ感覚で
単純に弾きまくるのに対し、
ギタリストであるエッジは、
この楽器がピックアップによって着色された
エレクトリックトーンであることに着目し、
淡々とした単音フレーズとエフェクトで
景色を見せる、というまったく別の
アプローチで勝負してきたワケです。

ハードコンプでCP独特の
カツンとしたアタック感を強調し、
さらにコンプがサステインを延ばし、
さらにさらに基音が減衰し
ピックアップでサチュレートした
倍音が浮かび上がってきて、
さらにさらにさらにJCのゲインを
軽くドライブさせて倍音の枯れた感じを強調させ、
さらにさらにさらにさらにJC独特の
スゥイーツなコーラスで倍音を揺らしつつ滲ませ、
トドメはエッジ印のロングディレイで
ゴキゲンなサウンドは銀河の彼方へテイク・オフだ!

くう~、ニクイね!エッジの!

完璧っす。
CPの特性を完璧に理解した
エフェクトワークっす。
以降、このサウンドメイクがワシのCP、
いや、ピアノサウンドの
デフォルトになりましたとさ。



しかし何故ワシはこうも熱く
CPの事を語っているのだろうか?
曲の話はどこへ行ってしまったのだろうか?
そうそう、Logicのファクトリーサンプルから
CPが無くなったって話ね。

そうなのよ。
バージョンUPして無くなるとは何事!
と怒りつつも、CPをメインピアノとして
ありがたがってるヤツなんざ
ワシぐらいなんだろうな~ってえのもワカる。

しかもあんまクオリティの良い
サンプルじゃなかったし。

ココはひとつ、
メモリーもフルで積んでることだし、
大容量のCPソフト買うか~
と、検索したはいいが、
コレが無いのよ!どこにも!

うっわ~、
CPってここまで需要ないのね○| ̄|_

だからといって、
もうピアノはCPぢゃないと
満足できないカラダなの、アタシ。

もはや海月印になってる
あのピアノサウンドは
絶対に変えたくないので、
目の色変えて必死に検索。

んで、よーやっと見つけました。
"Prominy" という日本の、しかも札幌の
ソフトメーカーが出しておりましたよ。
その名も "PCP-80"
いや~助かった!

しかもこれ、音めっちゃイイっす。

いままで使ってたサンプルは
クオリティーの低さを逆手に取って
あえてカリカリ方向にしてたんだけど、
Lo Midのふくよかさが全然違うので、
この落ち着いた仕上がりは
このソフトじゃなきゃ出せませんでしたね。

『面影の遙か』のイントロで
使ってるCPサウンドや、
同じようなピアノ曲である
『希望』あたりと聞き比べてみると、
音作りの方向性の違いがわかって
おもしろいかも。

さらに、この重心の低さは
miyoのファルセットボイスとの
分離がすごく良いので、
今後アレンジも変わってくるでしょうね~。
乞うご期待。



それにしてもこの曲は
"Prominy" 様々でした。
もしPCP-80がなかったら
どうなっていたことか。

需要の少ないCPを果敢に
ハイクオリティソフトとして製品化した
唯一のメーカーProminyに感謝です。

日和見系他社追従型企業の多い日本において、
こーゆー大手は絶対やらないことをやる
メーカーは貴重。

その姿勢は音楽業界の隙間産業を自認する
我々空夜coo:yaと相通じるものを感じるし、
そういった他に無いモノ創りの
姿勢というものこそが、
必ずや日本復活の原動力となることと
信じて止みません。

がんばろうProminy!
がんばろう空夜coo:ya!

見せましょう!
日本の底ヂカラを!



と、うまくまとまったところで、
曲解説そっちのけで大人の事情を臭わせつつ
四日連続更新終了。

ご愛読ありがとうございました。
でわまた来年お会いしましょう!
さよ~なら~!




・・はい。
はい。
わかってます。
・・いえ、
いや、冗談ですってば。
もちろんですよ。
年内にはもう一度必ず・・
え?

・・はい。
一ヶ月以内にまた更新いたします。

本田海月

(C)空夜coo:ya/Kurage Honda All Rights Reserved.

スポンサーサイト

『少年の季節』~Maxi Single『少年の日』より 

110829_k.jpg

♪ちゃんちゃんちきち~ちゃんちきち~

本日のお題は遠くに聞こえる
祭り囃子が泣かせる
『少年の季節』であります。

切なく遠く響く祭り囃子

これぞまさに
"あかやあかしやあやかしの" の
世界観を表現するには
絶対外せないテクスチャーでしょう。

ただし!
純和風には絶対聞かせない。

コレ、重要です。

エスニック素材を使うときは必ず
その文化圏以外の音と合わせるのが
ワシのオハコ。

"あかやあかしやあやかしの" も
基本は和の世界観なのだが、
その中にまったく異文化のアイテムを
象徴的にちりばめて
あえて世界観を安定させない、
そーゆー見せ方は自分と
非常に近いものを感じましたね。

しかし何が泣かせるってあーた、
この祭り囃子は我が熊谷が誇る
『うちわ祭り』の音なんだぜえ。

しかもワシ自らフィールドRec.した
オリジナルサンプルですぜ。

どーよ?

あ、興味ないですか。
そうすか・・・○| ̄|_


いや~、それにしてもこの曲はホント
超超超超超超難産だったわ~。

でも難産の子ほど
可愛いと申しましょーか、
自分的には今作の中で
一番手応えのあった曲なのね。



そして今回も話は
いきなり別次元にすっとぶのだが、
とある売れっ子プロデューサーが、
ヒット連発の秘訣を聞かれて
こんなことをのたまったとさ。

「仕事で疲れて帰ってきたら
 誰だって説教臭い歌なんか
 聞きたくないでしょ?
 そういう時は何も考えず
 楽しくなるような曲聞きたいでしょ?」

は?
“誰だって” ですって?

いや、ワシへろへろに疲れてる時
思いっきりヘビーな曲聞いて
浸ったりもしますが?

つーか本気で疲れてる時に
楽しくなる曲なんて聞きたくねーんですけど。

いやいや、自分のような人間は
マイノリティだっつーことは
承知しておりますとも。

でもね、たとえ少数でも
こーゆーヤツは実際にいるワケで、それを
“誰だって” なんて決めつけられちゃあ、
アタシだって黙ってないわよ。


と、
ここまで鼻ジェット荒く憤慨したところで、

「いや、まてよ?
 このプロデューサー某は商売人であって、
 もはや音楽家ではなかったのだな。
 そっか、スマンスマン。」

と気づくのであった。



・・・だからよ、何の話なんだよ(-_-メ)



スンマソン。

いやね、空夜coo:yaってそういう
"誰だって" という一方的で
乱暴な括りに毅然とNo!と言える素敵なお方、
最近辛口の音楽が無いとお嘆きの貴殿に、

「・・・ダンナダンナ、
 ダンナにおあつらえ向きの
 え~モンありまっせ」

てな楽曲を提示する存在だと
ずっと思っとるワケですよ。

だからといってあまりにも孤高で
誰もワカランよーなモノを
創るつもりはまったくなくて、
変ちくりんな曲ばっか連発しときながらも、
あくまで大枠ではポップスの範疇に
納めたいと本人は思っとるです。

ポップスという普遍的なものと、
そうではない毒や刺激、
冒険や新しい解釈、
ずっと目指している事でありながら、
そのバランスが非常にムズカシイ。
それ故に難産なワケで。
(はいはい言い訳ですよ言い訳ですとも)


で、やっとこさ本題。

この曲が現時点でのベストバランス!
という手応えがあったのですね。
あくまで自己評価ですが。

今までの空夜coo:ya独自の世界観は
キチンと継承しつつも、
楽曲提供というまったく別の思考を
必要とされる創作故に、
秋良というこの作品において
ちょっと特異なキャラクターの
テーマだった故に、空夜coo:ya陰側に
カテゴライズされる作品でありながら
結果的に力の抜けたフラットな音、言葉。
ある意味今まで無かった表現かもしれない。

ええ、あくまで自己評価ですが。

今後の空夜coo:yaはこの路線で!
・・・ってことじゃないけど、
今回開いた思考のチャンネルは
次回作に少なからず影響アリと、
この曲ができてそんな予感がしたですよ。

こーゆー曲がポップスとして
評価される世の中になるとイイな~
なんて希望を難しいってわかってても
懲りずに持ち続けてるワケで。


・・・・とか言っときながら、
はて?アタシそんなこと言ったかしら?
などとしらばっくれつつ、
超難解でドロッドロで
今すぐ死にたくなるような曲出してくるのが
空夜coo:yaなので油断しないよーに。



空夜coo:yaの楽曲、
なんも考えずってのはムリですし、
少しも楽しくもなりませんが、
こんな曲なら疲れて帰ってきても
聞ける歌だと思うのですが、
その辺りどーっすかね?
売れっ子プロデューサーさま。


本田海月

(C)空夜coo:ya/Kurage Honda All Rights Reserved.

『面影の遙か』~Maxi Single『少年の日』より 


http://youtu.be/1q7_6KndRtc

で、本日のお題は今作イチオシの曲であります
『面影の遙か』

アタマの動画は本作プロモ映像の
海月ナレーションヴァージョンだす。

滑舌の悪い森オッサンが
精々カッコつけて語る様を
どーか嗤ってやってください。


さて、突然ですが質問です。
あなたにとって、
金田一耕助といえば誰ですか?

石坂浩二と答えた方は申し訳ございません、
ココから先はお読みにならなくても結構です。
さっさとおフトンかぶって寝ちまいな。

あーた、金田一耕助といやあ、
古谷一行に決まっとろーがね!


何の話かって?
いや~、犬神家の一族はやっぱ
映画よりもTVドラマ版の方がイイよね。


だから何の話だよ!


いやいやいや、実はこの曲、
TVドラマ横溝正史シリーズの
エンディングが元ネタなんすよ。

つってもコレ、
1977年放送のドラマだから
ほとんど誰も知らんよね?


茶木みやこの歌う
『まぼろしの人』って曲なんだけど、
コレがスゲエ曲なのよ。

もうね、時代を10年先取りした
ニューウエーブサウンドとアレンジ。

当時小学六年生だったワシはこの曲で
シンセに目覚めたといっても過言ではないくらい。

それほど尖った音だったのよ。


で、もちろんその音をそのまま
ちょーだいいたしましたとか、
そーゆーことでなくて、
『面影の遥か』で目指したのはその雰囲気。

ドラマが終わり、
未だスケキヨの恐怖にガクブルの中、
エンドロールと共に流れてきたのは
淡々とした冬晴れの湖の乾いた映像と
摩訶不思議なサウンド。

それはサスペンスを見た後の
恐怖の余韻というより、
なぜか遠い異世界を懐かしむような
奇妙な切なさを感じてしまうのですわ。

音もさることながら、その世界観には
ヤラレタ!って感じでしたね。
小六のハナタレ小僧のくせに。


エンディングテーマというオファーを受けて、
真っ先に思い当たったのが
その雰囲気だったワケですよ。

な?
だから金田一耕助は
古谷一行に決まっとるのよ。
関係ないか。


それにしても、1977年当時、しかも日本で、
さらに帯ドラマのEDでこの音と世界観、

なんじゃコイツら!?

早すぎるとか奇跡とかありえないとか、
そーゆー次元の話じゃないっすよね。
未来から思考を引っぱってきたか、
制作に未来人がいたとしか思えない。

はっ!?
もしやコリわやっぱりうつーのシト?
うつーのシトやってえの!!!!?????


本田海月
(C)空夜coo:ya/Kurage Honda All Rights Reserved.

『あかやあかしやあやかしの』~Maxi Single『少年の日』より 

空夜coo:ya 本田海月

どもです。

本日より四日連続でお届けする
海月恭森男(クラゲヤスモリオ)によるセルフ曲解説。
専門よーごが容赦なく繰り出されますが、
なんのフォローもいたしません。
空夜coo:yaだけんね。


さあさ、一発目はタイトルチューンともいうべき
「あかやあかしやあやかしの」

空夜coo:ya久々の新作はなんと
混じりっけなし純度100%のどテクノと相成りました。
しかも世にも珍しいハードコアインダストリアルわらべうた!

どーよ。

テクノ小僧の過去なぞなかったことのように
最近ではギターなんぞかき鳴らしておるワタクシですが、
ちょっと本気になりゃこんなもんよ。
ちょっと油断したらピコピコよ。

フィルターを発振させサイン波から
予測不能な倍音にモーフィングしてゆくシーケンス
サンプリングレートを極端に落として
エッジを荒らしたエレピ
チリチリとデンキが漏電するようなノイズ
これらの化け学的テクスチャーの海を
和装のmiyoが飛び交います。


ハッカさんから最初に頂いた
ビジュアルイメージの資料、

" 血のような赤い夕焼けに
 ザラザラと荒れたタッチで描き込まれた
 電線や電柱の幾何学的なシルエット "

この物語の象徴であるお狐さまや
各登場人物の背景には
そんな風景が描かれておりました。


あら、偶然ね。

ワシも前々から夕暮れ時の電線や電柱には
只ならぬナニモノかを感じておったとですよ。

昼間、あらゆる情緒的な印象を拒み、
風景の中では異物でしかない
現代工業文明カオスの象徴、
それが夕焼けを背負ったとたん魔的な気配を宿し、
切なさすらまとってしまう不可思議。
そーいやネコバスも電線伝いに走って来たっけね。


なわけで世界観はビシッと
ピンポイントで掴めたんですが・・・
なんせ久々に大好物のインダストリアル系だもんで、
夜な夜な ぐふふ いひひ おほほ と
デンキサウンド作りにいそしんでいたもんで、
もー楽しくてしょーがなくなっちゃったもんで、
しまいにゃ曲とカンケーない音作り実験が
止まんなくなっちゃったもんで、
もんでもんでもんでもんでもんで・・・

例によって納品大幅に遅れましたとさ。


ではジャギジャギでザラザラの
ビリビリな質感をお楽しみください。
お肌に悪そうだな。


本田海月
(C)空夜coo:ya/Kurage Honda All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。