スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トドメ 

どわあっ!
ついにサイエンス本誌に載った画像と論文のファイルが届いた!
調査員Reiさん&バイオ研究員のMさんありがとう!

で、

マジですがね!こりゃホンマモンでねえっすか!
光学顕微鏡、走査型顕微鏡、果ては細部に渡る解剖画像まで出されちゃあ疑いの余地なし。ってゆーかオフィシャルに流れたウソくさい合成画像はなんだったんだ?まぎらわしいことすんなっつーの。

それにしてもスゲエ。
こんなB級SFのブキミ謎生物みてえのが実在したことに、ただただオドロキ、感動している。なぜ世の中こんな平然としていられるのか、ワシには理解できん。エチゼンクラゲごときで騒いどる場合じゃねえだろ!こっちは鉄だぞ、鉄!
「エタノールに漬けたら錆びました」だって?
カ、カッコよすぎる……。
まるで怪獣映画のオープニングだよ。
この後、コイツのさらなる調査に向かった有人探査艇の前に、突如コイツらをエサに巨大化した鋼鉄の古代生物が出現、調査隊を壊滅させた謎の怪物が向かう先は東京かN.Y.か……
てなことになったらワシ、コーフンして夜も眠れません。
とにかくこれではっきりしたのは、もはや深海では
「んなの、いるわけねーじゃん」
とゆー固定観念はいっさい通用しないってことだ。
いるぞ、大怪獣くだげるげ。
ふんがーっ!

こんなくだらない妄想のために奔走していただいたみなさま、
ご協力ありがとうございました。

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cooya2.blog13.fc2.com/tb.php/12-38d61e4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。